ストレス解消

乳酸菌が生きている仕組み

乳酸菌は生きて腸まで届く事でその効果を出してくれる人間には欠かせない菌とされており、体の健康維持には欠かせない物として認識されます。
乳酸菌はそのままの状態で体内に取り入れても腸までに届く前になくなってしまい本来の効果を出す事が出来ないで終わってしますのです。
これは人間の体内にある胃酸や胆汁酸が大きく関わっており、この温度の中でもきちんと腸まで届くように対応する事が重要になってくるのです。

そんな理想的な乳酸菌の名前はビフィズス菌と呼ばれる菌でこれを体内に取り入れることで腸まで快適に乳酸菌を届ける事ができるのです。
そのため、この菌はヤクルトやヨーグルトなど日常生活で負担なく摂れる食品に多く取り入れてあり、購入側もビフィズス菌が入っている物を選ぶ事が重要なのです。
ヤクルトでもヨーグルトでも自分の好きなものでビフィズス菌を摂る事ができるので、好きな方法で体内に取り入れる事ができます。

このように乳酸菌は体内の臓器の機能でなくなってしまうので、ビフィズス菌のような腸まで届く物を選ぶ必要が出てくるのです。
ビフィズス菌を摂る事で、体内の善玉菌の量が増えるので、体機能も快適に働くようになり、毎日元気に過ごす事ができます。

このページの先頭へ